top of page
  • あゆみ

第37回「情報」

私たちは、LINE、メール、電話、ラジオ、SNSなどを使うことで、情報を発信したり、受け取ったりすることができる。これらは、自らの意思で行っていると言えるので、いわゆる、“意識的”な情報コミュニケーションと考える。一方で、最近、私たちの回りには、“無意識的”な情報コミュニケーションがたくさんあることに気がついた。私たちは日頃から、身の回りにあるモノからメッセージ(情報)を受け取り、知らず知らずのうちにそれに合わせた行動をしている。



例えば、道端で見かけた掲示板。ここには、様々なチラシが貼ってある。間違いなくチラシは情報を伝えるためのものである。だが、注目したのはチラシではなく、掲示板そのものである。ポスターやチラシを掲示したい時、掲示板を見れば、おそらく誰もが、そこに掲示できるということを判断する。即ち、掲示板から「ここに(ポスターやチラシを)掲示することができる」というメッセージ(情報)を無意識的に受け取っているのだ。このように考えると、身の回りにある様々なモノから情報(メッセージ)を汲み取ることができる。自動販売機やゴミ箱、道端のフェンスにかけられたマスク、駐車場の一角に並べられたプランター、道路の中央に置かれたビールケース、これら全てのモノからメッセージ(情報)を受け取ることができる。もちろん、言葉や文字で直接伝えられているわけではないので、受け手によって解釈が異なると思う。それはそれで、発見があって面白い。久しぶりにフィールドワークをしたくなった。


 

著者プロフィール

あゆみ

都内大学教員。博士(工学)。インストラクショナルデザインを中心に研究。

千葉県市原市出身。実家が農家。ラーメンが好き。


閲覧数:23回0件のコメント
bottom of page