top of page
  • Branding Design Association

日本リスキリングコンソーシアムが国際女性デーに開催する「ウーマンリスキリングウィーク」に参画しました

当協会は、リスキリングパートナーとして参画する「日本リスキリングコンソーシアム」(主幹事:グーグル合同会社、以下当コンソーシアム )が、女性のリスキリング※推進を後押しすべく、3月8日の国際女性デーに合わせて開催する「ウーマンリスキリングウィーク」に参画したことをお知らせいたします。

 ※ リスキリング:新しい職業に就くために、あるいは、今の職業で必要とされるスキルの大幅な変化に適応するために、必要なスキルを獲得する / させること。(出典: 経産省/リクルートワークス研究所)



当協会からは当コンソーシアム新規会員(女性)の方限定で「デザイン思考検定」各科目先着10名様まで受検料無料、無料枠終了後は3月末日まで特別価格5,500円(通常11,000円)でご提供いたします。 


■「ウーマンリスキリングウィーク」とは

3月8日の国際女性デーに合わせ、女性のデジタルリスキリングを推進する取り組みです。

女性のリスキリングに役立つトレーニングプログラムや就業支援など、当コンソーシアムに新規でご登録いただいた女性の方を対象に、総額約3億円分のサポートを無料でご提供いたします。

今回、本取り組みに賛同した15団体より、10のトレーニングプログラム、4つの就業支援、3つのトレーニング・就業横断支援が提供されています。

 

<賛同企業・団体>※五十音順

VRイノベーションアカデミー京都、SBI大学院大学、グーグル合同会社、ServiceNow Japan合同会社、スタッフサービス・エンジニアリング、株式会社セールスフォース・ジャパン、Dialogue for Everyone株式会社、株式会社TENHO、一般財団法人日本サイバーセキュリティ人材キャリア支援協会、株式会社ビズリーチ、ヒューマンアカデミー株式会社、一般社団法人ブランディングデザイン協会、リンクトイン・ジャパン株式会社、株式会社ルートブレイン、株式会社Waris


■「ウーマンリスキリングウィーク」実施背景

日本のリスキリングは、地方と都市部、そしてジェンダー面でのギャップが課題となっています。これまで当コンソーシアムにおいても「女性のデジタルリスキリング支援」を重点テーマの一つとして注力し、協力団体と共に「女性支援プログラム」に取り組んできました。一方、当コンソーシアムの登録者で見ると女性が3割台にとどまっています。また、ユーザー調査※においても、トレーニング受講後に「業務に必要な知識やスキルが身についた」、「担当できる業務領域が広がった」などの成果を得たと回答している割合を男女別に見ると、男性の約7割が、成果を得られていると回答しているのに対し、女性は約5割にとどまっています。

このようなギャップを是正するため、女性のリスキリング支援をさらに強化することが急務であり、当コンソーシアムが、国際女性デーに女性がリスキリングの機会を最大限に活用し、キャリアアップを図ることができるよう、賛同団体と共に「ウーマンリスキリングウィーク」を開催することとなりました。

 ※日本リスキリングコンソーシアム「リスキリングの成果に関する調査」(2023年11月30日)

■お申し込み対象者

当コンソーシアムに新規でご登録いただいた女性

 

■お申し込み方法

①日本リスキリングコンソーシアム公式サイトより新規会員登録

*日本リスキリングコンソーシアム 公式サイト

 

②ログインした状態で下記のニュース&トピックスのリンクにアクセス

*ウーマンリスキリングウィーク ニュース&トピックス

 

③各種提供プログラムの表にある「申し込み方法とリンク」より受講の申し込み

 

※各種特典は、日本リスキリングコンソーシアムに新規でご登録いただいた女性のみが対象となります。

 対象ではない方には「申し込み方法とリンク」が表示されません。

※各種特典の詳細や、プログラムに関するご質問は、各提供団体様にお問い合わせください。

※上記URL以外からお申し込みいただいた場合、特典が反映されませんのでご注意ください。

 

 

閲覧数:23回0件のコメント

Comments


bottom of page